萩茶碗 雪獅子 ゆきじし

鶴田 純久
鶴田 純久

萩 銘雪獅子

付属物 箱 桐 白木 書付 了々斎宗左筆
伝来 紀州徳川家
寸法
高さ:7.9―8.4cm 口径:11.5―12.7cm 高台径:5.1cm 同高さ:0.8cm 重さ:320g

 この茶碗は筆洗型です。筆洗型ではありますが、筆洗として造られたものではなくて、はじめから、茶碗として造られたものです。「田子浦」と同種のものです。
 この茶碗で茶が点てられるとき、茶碗の色と茶の色とは、うまく美しい調和をみせることは間違いありません。
 そういう実際的な面での効用が、萩焼に対する関心の内容となる。
 萩特有の枇杷色に白釉が入り交じって、デリケートな感じを出していますが、これを雪にたわむれる獅子と見立てて、「雪獅子」などという銘をつけたものと思われます。
 とくに高台あたりの土味と釉と桜高台との微妙な変化に、茶人の鑑賞の眼がそそがれ、萩茶碗の者聶として珍重がられたのであろう。

雪獅子 ゆきじし

雪獅子 ゆきじし 萩茶碗

萩茶碗。筆洗形ですが、もちろん筆洗いとしてつくられたものではなく、茶碗としてつくられたものであり、「田手浦」と同種のものです。釉調と茶の色とが美しい調和をなし、その実用的な効用が、萩焼に対する関心の高さとなります。萩特有の枇杷色に白釉が入りまじり、これを雪にたわむれる獅手の景と見立てて「雪獅手」と命銘したと思われます。高台付近の土味と桜高台との微妙な変化に、茶入の鑑賞眼がそそがれ、珍重がられたのである。《付属物》箱-桐白木、書付了々斎宗左筆《伝来》紀州徳川家《寸法》高さ7.9~8.4 口径11.5~12.7 高台径5.1 同高さ0.8 重さ320

前に戻る