雄蔵山 おぐらやま

雄蔵山 おぐらやま 古井戸茶碗

古井戸茶碗。小貫入。開き加減の柔らかい椀形の作で、竹の節高台も荒さがありません。赤みを含んだ草色だちの釉がおだやかで、轆轤目や高台削りの角張りを柔らかく包んでいます。その釉は細やかで、俗に魚手文と呼ばれる貫入が全体を覆い、落ち着きを与えています。この細かなひびの美しさを小貫入といい、この手を珍重する所以です。松花堂の筆で「雄蔵山」と箱書が記してありますが、この茶碗の釉肌の景を小倉山に見立てて命銘しました。
《付属物》内箱-黒塗、金粉文字・書付松花堂昭乗筆《伝来》材木商近江屋道休-藤田家《寸法》高さ5.7~6.1 口径15.3 高台径4.7 同高さ0.7 重さ195《所蔵》藤田美術館

大高麗井戸形茶碗 おおごうらいいどがたちゃわん<< >>小くら山 おくらやま

About the author : Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.