信楽花入

信楽三角花入 しがらきさんかくはないれ

信楽三角花入 しがらきさんかくはないれ 信楽花入

紹鴎信楽は純然たる農具のとり上げでありましたが、利休時代に入って信楽にも茶入の好みが反映されるようになり、次の伊賀全盛時代に入るまで、いくつかのすぐれた作品が生まれるのであります。
この花入もその代表の一つで、胴は一見無造作のごとくみられますが、三角の押え込みにも工夫があるようで、何本かの筋箆と口の花弁状のひろがりに、いくつかの見所を知るのであります。
備前などと同じく首の部分に釘穴がみられますが、今は埋められています。
この穴が掛花人とするためのものかは疑問がもたれますが、いずれにしても、これのあるものは桃山期に接しているといえます。
ビードロ釉の景も見事であります。
《付属物》箱-書付松平不昧筆《伝来》雲州松平家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です