信楽三角花入 しがらきさんかくはないれ

鶴田 純久
鶴田 純久

信楽三角花入 しがらきさんかくはないれ 信楽花入

紹鴎信楽は純然たる農具のとり上げでありましたが、利休時代に入って信楽にも茶入の好みが反映されるようになり、次の伊賀全盛時代に入るまで、いくつかのすぐれた作品が生まれるのであります。
この花入もその代表の一つで、胴は一見無造作のごとくみられますが、三角の押え込みにも工夫があるようで、何本かの筋箆と口の花弁状のひろがりに、いくつかの見所を知るのであります。
備前などと同じく首の部分に釘穴がみられますが、今は埋められています。
この穴が掛花人とするためのものかは疑問がもたれますが、いずれにしても、これのあるものは桃山期に接しているといえます。
ビードロ釉の景も見事であります。
《付属物》箱-書付松平不昧筆《伝来》雲州松平家

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2