お話

寿老人 じゅろうじん

寿老人 じゅろうじん 伊賀耳付花入

伊賀耳付花入。口造りから耳から器全体が方形をなす特異な姿をしていますが、全体に何とも素朴で壮健な感があるようで、堂々とした円座底が重量感を与えます。
首から肩にかけての照り色が美しく、胴部の七割方をしめる焦げが見事で、肩からのビードロ釉の熔け具合いがいかにもみずみずしいです。首の付け根に太い紐をめぐらし、その下にたくましい耳を無造作に付けていますが、銘はその垂れ耳であるところからで、覚々斎原叟の命銘。《付属物》箱-桐白木、書付覚々斎原叟筆、蓋裏書付同筆《寸法》高さ28.5口径11.2~11.9 胴径12.2~12.7 左右14.4 底径12.8 重さ2850《所蔵》藤田美術館

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です