伯庵茶碗 銘 黒田

高き7.9~8.3cm口径:14.6~15.2cm高台外径:5.7~6.0cm同高さ:0.5cm  黒田家に伝来したので俗に黒田伯庵と呼ばれています。伯庵茶碗の約束をすべて備えた名碗で、ことに品性の高い作ゆきのものです。 […]

黄瀬戸茶碗

高さ:7.6cm口径:10.8~11.2cm高台外径:7.5cm同高さ:0.4cm  「難波」と同じように、茶碗に使われてはいますが、本来向付けに生まれたものといわれています。低く大きい高台は、たしかに茶碗にあるべきもの […]

黄瀬戸茶碗 銘 難波

高さ:7.2cm口径:11.7cm高台外径:8.0cm同高さ:0.3cm  黄瀬戸茶碗では、難波をもって随一とするのが古来、斯界の定評で、ことにその膚の上がり、みごとな胆磐はまさに黄瀬戸の理想とするところで、難波の銘もお […]

黄瀬戸茶碗 銘 朝比奈

高さ:8.5~8.9cm口径:12.4~13.1cm高台外径:6.0~6.6cm同高さ:0.8~0.9cm  現存している黄瀬戸のなかで、本来茶碗として作られたものは、この「朝比奈」一碗といわれています。この「朝比奈」の […]

利休瀬戸茶碗 銘 万歳

高さ:9.8~10.0cm口径:9.8~10.4cm高台外径:6.0cm同高さ:0.8~0.9cm  太い箆目のある、堅いつくりの茶碗です。 瀬戸黒の一手に「利休瀬戸」とよばれているものがあり、普通の瀬戸黒と多少作ゆきを […]

天目茶碗

大名物重要文化財所蔵:徳川美術館高さ:6.6~6.8cm口径:12.2~12.3cm高台外径:4.5cm同高さ:0.7cm  志野にちかい長石釉の厚くかかった天目形りの茶碗を俗に白天目と呼んでいる。近年美濃の窯跡から出土 […]

菊花天目茶碗

中興名物所蔵:藤田美術館高さ:6.6cm口径:12.2cm高台外径:4.7cm同高さ:0.6cm  瀬戸天目の一種で、内外にわたり口縁下から胴にかけて濃い飴釉を施し、さらに口縁に流動性の黄瀬戸釉をかけだのが、内外に縞状に […]

地蔵 ぢぞう

瀬戸後窯茶入、利休窯。中興名物。胴の一面に地蔵形の箆があることから小堀遠州が命銘。もと江戸深川の豪商冬木小平次が所持していたもので、天明四年松平周防守の有となり、さらに奈良屋茂右衛門に移り、のち京都の入札に出て赤星弥之助 […]

田面 たづら

瀬戸後窯茶入、落穂手。万右衛門作。中興名物。『珍説要録』によれば、佐川田喜六が万右衛門作の茶入を拾い出し、これを小堀遠州が『伊勢物語』の「打佗びて落穂拾ふと聞かませば我も田面に行かましものを」の古歌を引いて「落穂」と命銘 […]

滝浪 たきなみ

瀬戸金華山窯茶入、滝浪手本歌。中興名物。茶入のなたれの景に因んで小堀遠州が命銘。この類を青江手ともいいますが、それはこの本歌茶入をかつて遠州の家臣勝田八兵衛が所持していた折に遠州が召し土げ、その代わりに青江の太刀を賜った […]