祥瑞洲浜茶碗 しょんずいすはまちゃわん

洲浜というのは、海に突き出た洲がある浜のことで、この茶碗の腰の突出をそれにみたのでしょう。その突出部分は、あたかも紐をめぐらしたようにもみえますので、腰紐とも呼ぶことがあります。祥瑞は予楽院の『槐記』によれば、小堀遠州を […]

祥瑞沓茶碗 しょんずいくつちゃわん

沓形の名の示すように、形は碗体をやや楕円形に引きのばし、飾文帯の下を軽く内側へ押え込んでいます。高台は口が広く重心が低いため大きいです。外面には口縁部と高台周りに石畳文・唐草文、その間に芦雁の図が描き付けられています。雁 […]

俊寛 しゅんかん

黒楽茶碗。長次郎作。名物。利休が薩摩の門人に、長次郎茶碗を三碗世話したところ、二碗が返送されこの一碗が残りましたので、俊寛の故事に因みこの銘を付けたといいます。口造りはやや抱えぎみで高低の変化があり、一部胴締めで、腰が張 […]

酒呑童子 しゅてんどうじ

赤楽茶碗。ノンコウ作。名物。旧銘を「大江山」ともいい、上が赤く、釉も朱色であるところからこの銘があり、覚々斎の箱書に「うかくとさけのむときハおふゑ山またうかくとたのしみの御茶」とあります。全体に懐が広く薄造りで、口造りは […]

珠光青磁茶碗 じゅこうせいじちゃわん

日本の「茶道」は、その創始期には外来の器物を使用するところから始まりました。中国の天目と青磁の類でした。書院の広間には、それは堂々としてふさわしかったにちがいありません。やがて草庵の小間で、佗び茶が始められますと、きらき […]

味噌屋肩衝 みそやかたつき

漢作唐物肩衝茶入。大名物。「味噌屋」の名は所持者の屋号によるものと思われますが、その存在は明らかでないようです。また別名を「栄仁肩衝」といいます。これは亀屋栄仁が所持したことによります。伝来は味噌屋某から将軍家に献上され […]

柴田井戸 しばたいど

青井戸茶碗。重文、大名物。轆轤目よく立ち、端正のうちに作行き鋭く、凛々しくて小気味のよい作です。高台の脇どりとかいらぎに趣があり、高台内の兜巾もよく立っています。畳付の五徳目と、見込に目五つで約束がかねそなわり、釉薬の冴 […]

七里 しちり

黒楽茶碗。光悦作。名物。名碗「不二山」風の角造りで、共通した作行きです。造りは薄手で、口造りや底を箆で一文字にとっています。光沢の美しい漆黒の釉の中に、釉切れと鼠色にカセがあり、ひとしお風情を加え景をなしています。竪箆が […]