花摺 はなずり

真熊川茶碗。この茶碗は熊川茶碗の中でも極上手とされ、世に咸鏡道手と呼ばれます。口縁は端反りで、竹の節高台をもち、見込の鏡は大きいです。全体にかかった枇杷色の釉の中に紫色がかったしみがむらむらと現れて、興をそえます。『新千 […]

丹波三角花入 たんばさんかくはないれ

遠州の指導を得て、にわかに洗練された茶器を生み出すに至った丹波焼は、いくつかの茶人によってその所産が明らかにされていますが、花入の遺例は少ないようです。この花入が遠州の指導であるとはいい切れず、むしろ桃山陶の作風を示して […]

羽衣 はごろも

志野茶碗。大振りの派手な造りです。作行きは無造作で、土はざんぐりと大まかで、高台脇の土取りも無造作で面白いです。釉がけも作為的ではなく、濃淡が自然に現れ、淡いところに見事な緋色が出ています。図柄も素朴な筆致で描かれていま […]

染付高砂花入 そめっけたかさごはないれ

砧形にざんぐりとした鯉耳を付け、首の表裏に人物文、肩に蓮弁文、胴に水藻文がみられます。茶入はこの二人の人物を謡曲「高砂」の尉と姥に見立て、この種の染付花入を俗里高砂手と呼んでいます。明代末期の景徳鎮窯の製。高砂の名がめで […]

馬蝗絆 ばこうはん

青磁茶碗。重文、大名物。伊藤東涯の証文によると、平重盛が宋の育王山に黄金を喜捨した返礼として贈られたと伝えています。のちに足利義政に伝わり疵ができてしまい、これをとり替えに中国へ送ったところ、二度とこんな美しい青磁はでき […]

千声 せんせい

砧青磁鳳凰耳花入。重文。砧青磁の最高峰とされるのがこの鳳凰耳であります。砧形の本体の首に、王者の権威を象徴するがごとくに鳳凰耳が両側に張り出し、見事な均整を保っています。また釉色もこの類はすばらしく、その名声を裏付けてい […]

白磁平茶碗 はくじひらちゃわん

中国宋代のやきものは、全世界の工芸の一頂点にあるものといえますが、中でも、青磁とともに白磁はその典型でした。白磁には景徳鎮製と定窯製の二種があり、定窯の白磁は白色の肌の優雅さにおいて、景徳鎮を凌駕しています。定窯では白磁 […]

寿老人 じゅろうじん

伊賀耳付花入。口造りから耳から器全体が方形をなす特異な姿をしていますが、全体に何とも素朴で壮健な感があるようで、堂々とした円座底が重量感を与えます。首から肩にかけての照り色が美しく、胴部の七割方をしめる焦げが見事で、肩か […]