奈良 なら

投稿日: カテゴリー: 茶碗

斗々屋茶碗。これも本手斗々屋で、作行きに変化の妙があり、轆轤目の細筋も鮮やかです。釉がかりがかすれたようにみえ […]

絵唐津耳付花入 えがらつみみつきはないれ

投稿日: コメントを残すカテゴリー: 唐津花入

絵唐津は、鉄分の多い砂土の胎土の上に、草花文様や橋上人物図など瀟洒な絵を鉄釉で描き、その上に灰色釉を施したものであります。 一般に花入には卓然としたものが少ないが、この花入は姿がよく、口造り、耳付の具合い、やや青みのある […]

中尾 なかお

投稿日: カテゴリー: 唐津茶碗

唐津茶碗。 窯から出したときは平凡な雑器で、見所のある茶碗ではなかったろうが、茶人に愛され、使い込まれて茶味横溢した。 使い込んで美しくなるところに、茶人の美意識を感じるのである。 加賀藩の中尾是閑が愛蔵したのでこの銘が […]