廬瀑 ろばく

朝鮮唐津一重口水指。 千家名物。「廬爆」の銘は、蓋裏に了々斎宗左が李白の観瀑の詩を書いていることによる。 まことに豪快な白釉の大なたれ。 黒釉の中に点々と無数の星辰を望み、まさに銀河の中天に落ちるかと疑われるばかりの景色 […]