あ行 agyou

尼焼 あまやき

楽焼の元祖阿米夜の妻比丘尼作の茶碗。淡飴釉が特色であります。『和漢諸道具見知妙』(1694、元禄七年編)に「尼焼、長二郎母也、柿薬茶碗也、黒はなし」とあります。

油皿 あぶらざら

行燈用の油皿。陶製のものは江戸時代の瀬戸焼などに多く、その粗画には捨て難い趣があって近年好事家に愛好されています。

油屋肩衝 あぶらやかたつき

大名物。漢作肩衝茶入。古来大名物茶入中の首位として尊重されたもので、堺の町人油屋常言(浄言)およびその子常祐(浄祐)が所持していたのでこの名があります。同種の肩衝茶入に比べて口径がやや小さく、甑廻りに輪筋が一本あります。

穴窯 あながま

古窯の一形式。古く朝鮮風を伝えたものらしく、上代の無釉のすえもの期には大体穴窯が用いられ青黒い還元焼成でありましたが、後代の伊部や常滑あたりに残っているものは多少施釉製に進み酸化焼成に傾いましました。普通の穴窯は斜面を掘

飛鳥川 あすかがわ

中興名物。金華山茶入、飛鳥川手本歌。小堀遠州がかつて堺で見た時は茶入もまだ新しく見えましたが、その後伏見で見たところ半ば過ぎゆく程にも古く見えましたので、『古今集』の歌の「昨日といひけふと暮らして飛鳥川流れて早き月日なり

アステカ土器 アステカどき

普通アステカ土器といわれるのは、トルテカ(850-1250)の時代の都市遺跡ツよフなどから得られるものであります。ツーラはメキシコシティーの北八〇キロぐらいの位置にあります。黄またはオレンジ色の土器で、磨いてないかよく焼

朝日焼 あさひやき

京都府宇治市朝日山の陶器。遠州七窯の一つ。慶長年間(1596-1615)奥村次郎右衛門(あるいは藤作)が築窯したのが起こりといわれ、主に遠州好みの茶器を焼きましたが、慶安(1648-52)頃から一時絶えました。この時代の

浅野肩衝 あさのかたつき

中興名物。古瀬戸肩衝茶入。もと浅野某の所有でありましたが、のち稲葉正則が得て小堀遠州に銘を求めました。遠州はもとの所有者の姓に因み『新葉集』恋二、入道前右大臣の歌「いかにせむしのぶとすれどねにたてて浅野の雄子かくれなき身

麻地 あさじ

名物。藤四郎肩衝茶入。一名鍋島肩衝。総体に黒ずんだ柿色あるいは栗色を地色とし黒釉が掛かっており、景色はやや不鮮明であるか重厚な感じのする茶入であります。鍋島侯に伝わっていたが維新後は松浦家に入りました。(『大正名器鑑』)

浅茅肩衝 あさじかたつき

大名物。古瀬戸肩衝茶入。銘は小堀遠州の命名によるもので、『新後撰集』の中納言俊定の歌「色かはる野辺の浅茅におく露を末葉にかけて秋風ぞ吹く」の意をとり、その景色をもの寂しく吹く秋風になびく野路の浅茅の姿に思い寄せたものです

浅井肩衝 あさいかたつき

名物。古瀬戸肩衝茶入。加賀国(石川県)の浅井家の所蔵だったところからこの名があります。のちに同家から藩主に献上しそれ以来前田家に伝来。土は白、下釉が柿、上釉が黒。おしなべて乾いたような出来で轆轤目があり、胴紐が一筋入って

曙茄子 あけぼのなすび

名物。漢作茄子茶入。銘はその景色に因んだものであるでしょう。つくられた年代は新しく、品位も乏しい感じがしないでもないようです。加賀前田侯伝来。(『一玄庵名1一覧』『大正名器鑑』)