菖蒲手 あやめで

室町時代末から桃山時代にかけて美濃で焼かれた黄瀬戸の優品をいいます。箆描き(へらがき)で花文(かもん)、特にあ