あ行 agyou

遠州 えんしゅう

茶人・小堀遠州(こぼりえんしゅう),小堀正一(まさかず) 近江小室藩主(1万2千石)で江戸初期の大名茶人。近江の国に生まれます。幼少の頃より父新介正次の英才教育を受け、千利休、古田織部と続いた茶道の本流を受け継ぎ、徳川将

伊賀 いが

三重県伊賀地方丸柱付近でつくられる陶器。古くから雑器類が生産されていたことが知られており、丸柱窯は天平宝字年間(757~764)に興るとする説もあります。茶陶としての伊賀焼は、宝暦13年(1763)藤堂家家老の藤堂元甫の

遠州七窯 えんしゅうなながま

江戸時代初期の茶人・小堀遠州が好み茶入や茶碗などの茶器をつらせた七カ所の窯。志戸呂焼(静岡県)、膳所焼(滋賀県)、上野焼(福岡県)、高取焼(福岡県)、朝日焼(京都府)、古曾部焼(大阪府)、赤膚焼(奈良県)のこと。,

石叩き いしたたき

唐津の叩き技法では、木を使った物と石を使ってたたいた物とがあり、後者は制作の時に土が硬くなりすぎたときに行ったのではないでしょうか。 又、現代作家、北大路魯山人が得意とする陶板の作り方で、土を板状にして岩か石の上に載せ叩

塩釉 えんゆう

塩を釉としたもの。焼成中の窯のなかに岩塩を投げ入れ、器体に自然釉が掛かったような効果をつくり出します。,