彫絵唐津茶碗 ほりえがらつちゃわん

上が柔らかいうちに箆で大胆に檜垣文を彫り込み、鉄釉でその上をなぞって長石分の多い釉をかけたものである。 いずれも厚造りの豪放な作行きで、大振りのものが多い。 口辺をゆがめた沓形風の造形、胎土の肉取りが口辺まで厚いこと、文

冬枯 ふゆがれ

黒織部茶碗。黒織部茶碗のふつうの形はこれより浅い沓形で、このように深いものは稀です。立ち上がった胴部にうねるよ

緋袴 ひばかま

御所丸黒刷毛茶碗。黒釉は紫がかった黒で、白釉との対比をI層際だたせている。特に八角形に切られた高台や、山道状の