疋田筒 ひきたづつ

古雲鶴茶碗。大名物。大文牢屋疋田宗観の所持により「大文字屋筒」の別名があります。高麗末の朝鮮製象嵌青磁の一つ。

本願寺 ほんがんじ

伊賀耳付花入。口造りはべべら風で、首匹二筋の箆をめぐらし、大小のある耳を無造作に付け、やや捻った腰下には樹木の

芙蓉 ふよう

伊賀花入。重文。伊賀には珍しく女性的な作振りで、発見者の益田紅艶は、内箱蓋裏に「この伊賀に上野あるかは志らねど

万歳 ばんざい

利休瀬戸茶碗。利休の手捻りと思われるほど素朴な茶碗です。寂びの境地が強調されて、一見とっつきにくいが味わい深い

万声 ばんせい

砧青磁鳳凰耳花入。国宝、大名物。中国南宋代の青磁(主に龍泉窯)のうち碧色の上質品をわが国では砧子と呼び、その独

隼 はやぶさ

青井戸茶碗。外へ反りぎみに開いた椀形の線は手強く、高台脇の削りの段落もかっきりと、それを受ける高台が外へ撥形に

早川 はやかわ

柿の蔕茶碗。柿の蔕は、本手斗々屋と兄弟のように似たところがあります。鉄分のある土に薄い釉薬(たぶん共土を熔かし

花摺 はなずり

真熊川茶碗。この茶碗は熊川茶碗の中でも極上手とされ、世に咸鏡道手と呼ばれます。口縁は端反りで、竹の節高台をもち

羽衣 はごろも

志野茶碗。大振りの派手な造りです。作行きは無造作で、土はざんぐりと大まかで、高台脇の土取りも無造作で面白いです