不二山 ふじさん

国宝。本阿弥光悦作、楽焼茶碗。金森得水は富士に雪の掛かった風情なのでこう称したものだといい、草間和楽は出来がこの上なしと自慢した気持ちから名付けられたものだとします。光悦の在世中、彼のつくった茶碗を欲する者が大勢居ました

白狐 びゃっこ

光悦作楽焼茶碗。白釉の茶碗であるため如心斎が白狐と銘し、玄々斎はさらに正一位と追銘しました。正一位稲荷を連想し、合わせて品位が高いことを形容したのであるでしょう。藤田家蔵。伝来不詳。現在は藤田美術館蔵。(『大正名器鑑』)

破笠 はりつ

伊勢国(三重県)の大小川破笠。通称平助、号宗宇・卯観子・笠翁・夢中庵。破笠という号は芭蕉から与えられたものだといいます。集漆の妙手で本阿弥光悦の風を慕って新意を出し、また好んで楽焼の草花や小虫などをつくり、木・竹・金属の

ノンコウ のんこう

楽家三代道入。二代常慶の子。名は古兵衛、剃髪後道入と称し、以後楽家の代々がその名に「入」を付けるもとしました。道入は胤八名ノンコウで知られ、実に楽家の最高峰、世にまれな名匠といわれます。ノンコウの名の出所については諸説が

本阿弥光悦 kouetsu 解説