織部手付水指 おりべてつきみずさし

もとは水次たが略式扱いの水指に使えます。利休好みの薬錐水次などからの発想であるでしょうか。上部三分の一をいくらか細め、糸目状の轆轤目をめぐらし、注ぎ口は太く差し出し、蓋はおさまりよいです。手付は上部幅広くつくり、胴体に白

黒織部筒茶碗 くろおりべつつちゃわん

典型的な織部の茶碗である。この中には織部の感覚と技法がすべて盛り込まれています。口縁の捻り返し、巧みな釉のかけ分け、素朴な素描き、筒茶碗で下がふくらみをもつところなど、技法の限りをこの茶碗にそそぎ込み、織部の特色を遺憾な

黒織部茶碗 くろおりべちゃわん

黒釉の一部を窓抜きにし、さらに一部に文様を白抜きにしています。斬新で近代的な意匠です。日本の茶道は、初期には唐物崇拝に始まり、天目・青磁などが愛用され、やがて佗び茶の誕生とともに、渋い趣ある高麗茶碗に好みが移り、佗び茶の

織部黒茶碗 おりべくろちゃわん

同じ黒釉を使いながらも、器体の一部に絵文様のあるものを黒織部茶碗、器体総体に黒釉をかけたものを織部黒茶碗と呼び区別します。器形は胴で一度しぼり、高台は瀬戸黒のように小さく丸いです。腰の直角なところも瀬戸黒に似て、瀬戸黒か

織部沓茶碗 おりべくつちゃわん

古田織部は利休の高弟で、武将茶人だが、利休七哲の中に加えられていない。織部の「茶」が利休と正反対の、能動的で現実的なものであったため、後世の反感を買ったのであろうか。利休の内向的で思索的な好みに対し、織部はいかつく、大き

澪標 みおつくし

中興名物。織部焼茶入。胴に澪標の目盛のような模様があるところから、小堀遠州が『源氏物語』澪標の巻の「みをつくし恋ふるしるしにこxまでもめぐり逢ひけるえには深しな」の歌に因んでこの銘を付けました。気の利いた大佗び風雅な茶入

織部 oribe 解説