廬瀑 ろばく

朝鮮唐津一重口水指。 千家名物。「廬爆」の銘は、蓋裏に了々斎宗左が李白の観瀑の詩を書いていることによる。 まことに豪快な白釉の大なたれ。 黒釉の中に点々と無数の星辰を望み、まさに銀河の中天に落ちるかと疑われるばかりの景色

老僧 ろうそう

古井戸茶碗。大名物。鉢開きのぶっきらぼうな姿に、大井戸のごとき見所もなく、無造作な造りです。にもかかわらず、蒼

両彦 りょうひこ

釘彫伊羅保茶碗。肌には細筋よく立ち、釉肌の青み・赤みのあがり見事で、石はぜ多い中に高台際の濃い釉溜りがすぐれた

蝋燭手 ろうそくで

古瀬戸茶入の一手。形が蝋燭に似ているので俗に蝋燭手といいます。土は浅黄色、糸切は見事であるが口造り捻り返しは賤

緑磐 ろうは

硫化鉄鉱が自然に酸化されてできた天然産の硫酸第一鉄。少量の銅分を混在することがあります。昔はこれを焼いて紅殻を

六地蔵 ろくじぞう

名物。朝鮮茶碗、古井戸。小堀遠州がかつて山城国伏見六地蔵(京都市伏見区)でこの茶碗を見出して秘蔵し代々小堀家に

六祖 ろくそ

名物。後窯茶入、正意作。六祖忽能の立姿に似ているとしてこの名かおります。もと土川相模守所持、のち沼津城主水野出

六兵衛 ろくべえ

京都の陶家清水六兵衛。初代六兵衛は愚斎と号し、幼名栗太郎、摂津国島上郡東五百住村(大阪府高槻市東五百住町)古藤