雪獅子 ゆきじし

萩茶碗。筆洗形ですが、もちろん筆洗いとしてつくられたものではなく、茶碗としてつくられたものであり、「田手浦」と

ゆき ゆき

御所丸茶碗。鴻池家・藤田家伝来の両御所丸白茶碗「古田高麗」(111頁上・下)と同手。腰の張った丸い碗体を軽く押

夕紅葉 ゆうもみじ

志野茶碗。銘のごとく、夕日に照り映えた紅葉を想わせる茶碗です。この茶碗の特色は、釉が柔らかい柚手肌になっている

山の端 やまのは

鼠志野茶碗。「峯紅葉」「檜垣」「横雲」と同系列の茶碗で、美濃大萱の窯下窯(岐阜県恵那町)で焼かれたものと考えら

山の井 やまのい

青井戸茶碗。名物。腰で一段折れ込んだ屈曲の強い椀形で、肉厚く、力強いです。幅は狭いが高台脇の削り込み鋭く、竹の

山路 やまし

赤織部茶碗。この茶碗は、当初は向付としてつくられたもので、後世になって茶碗に見立てられたものでしょう。見立てで

窯縫 よろぼう

坏質がたまたま粗く火力が強かったために、土漿がわずかに裂け短い隙間のできたものをいいます。窯縫は疵ではあ・るが

米市 よねいち

中興名物。破風窯茶入、米市手本歌。形が米市狂言の俵に似ているのでこのように名付けられました。口縁は厚手で捻り返