無地唐津 半筒 ぐい呑 鶴田純久作 器は、いつも、ワクワクをくれる。

品目:無地唐津 半筒 ぐい呑
ytgc033
◇寸法 長径:約7.3センチ × 高さ:約5.5センチ 重さ:約126グラム
◇このぐい呑は、半筒のぐい呑で半失透釉のやや青味がかった土灰釉が施されています。絵唐津はなく全くの無地ですがシンプルで、手練で作られているため口周りは波打ち躍動感があります。
◇砂気の多い土で作られ土味は荒く縮緬皺が見え、高台も二重高台に削られ貝高台の跡も残り景色になっていて大変見所になっています。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇無地唐津(むじからつ)とは、唐津ともいい、絵がなく明るい上薬がかかり黒唐津とは別のどこにも属さないものをいいます。唐津焼は多種多様で土や上薬の違いで色もそれぞれですのでこうした分類の仕方が必要になってきたのでしょう。また、土や上薬が同じでも絵が入れば絵唐津に、口周りを鉄釉で巻けば唐津皮鯨、窯の変化で緑色になれば青唐津、黄色になれば黄唐津などと名前も変化していきます。古唐津の奥高麗などもこの部類に入ると思います。Simple is (the) best.シンプルな状態が一番というのが当てはまる類でしょう。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.