唐津織部 草紋 沓形 ぐい呑 鶴田純久作 その器は夜になると星を映す

品目:唐津織部 草紋沓形香ぐい呑 鶴田 純久作
ytgo012
◇寸法 長径:約8.2センチ × 高さ:約5.2センチ 重さ:約124グラム
◇このぐい呑は、沓形のぐい呑で、全体に黒釉をかけ正面と裏面には窓を開け素朴な草の絵模様を描き透明釉を施すという黒織部の手法で作られています。上薬も部分によって発色の変化があり景色を醸し出しています。
◇やや砂気の多い土で作られ、畳付には貝高台が残り高台回りの変化も見所です。
—–予備説明—–
◇織部唐津(おりべからつ)とは、一般に古唐津の窯で美濃や瀬戸の地方で焼かれた織部焼の装飾方や技法が入る唐津焼で、真円形で作る唐津の技法と重ね合った方法で表現されています。唐津と織部は土の色は違えども焼成方法は一緒というのが適したのだと思います。それぞれの土の性質で成型方法は異なりますが装飾方法が同じという所が見所です。
◇貝高台(かいこうだい)とは、単体では高温で溶けることのない石灰石、その成分で出来た貝を器とハマや窯床との間に敷き宙に浮いた状態でお互いの焼き付きをなくす役割をします。焼成後は湿気で粉状になり簡単につぶすことが可能ですので後処理が簡単であることが、昔から窯道具としてよく使われていた所以でしょう。単体で溶けない石灰石ですが貝殻の塩基成分とかみ合って土と溶け合い貝殻の跡がくっきりと残ります。その溶けて残った跡を装飾の意味で貝高台と称しています。

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.