初期伊万里写 鎬紋 天目形 茶碗 鶴田純久作 os009

Share This Post

◇全体に鎬が入った天目形の茶碗です。初期伊万里にはこの形は色んなところで焼かれています。百間窯周辺・南川原窯周辺・山辺田窯周辺とその時代に流行ったのでしょう。
◇やや雑味が入った磁器土で制作し、無造作に鎬を入れ、高台はやや高く、口縁部は少し歪み靴型になっています。
◇全体に艶が少ない白の釉薬が掛かり、高台付近の土みせは緋色がでて赤く、正面には炎の具合で黒く煤けて絶妙な景色を醸し出しています。

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

work

初期伊万里写 鎬紋 天目形 茶碗 鶴田純久作 os009

◇全体に鎬が入った天目形の茶碗です。初期伊万里にはこの形は色んなところで焼かれています。百間窯周辺・南川原窯周辺・山辺田窯周辺とその時代に流行ったのでしょう。◇やや雑味が入った磁器土で制作し、無造作に鎬を入れ、高台はやや

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。