5件の結果を表示中

  • 斑唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作_ytpm020

    ¥216,000

    斑唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作_ytpm020

    ¥216,000

    見出し:夏は、すぐ来て、すぐ終わる。鶴田 純久の章
    作品名:斑唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作
    品番:ytpm020
    付属:桐の木箱
    ◇寸法 長径:約17.9センチ × 高さ:約18.5センチ 重さ:約1450グラム
    ◇唐津特有の叩き技法で制作し、口は矢筈口で双方の肩には耳をつけられています。
    ◇全体に白いわら灰釉の斑釉が掛かり、叩きの板目と斑釉の濃淡とが相俟って景色を醸し出しています。
    ◇底の畳付にはそう高くない三つ足がつけられ底との接点を少なくしてあります。また、底の面には板の木目や貝高台の跡が残り底の裏面にも景色が窺えます。

    在庫1個

    カートに入れる
    Quick View
  • 朝鮮唐津 叩キ 八角 水指 鶴田純久作_ytpt054

    ¥259,200

    朝鮮唐津 叩キ 八角 水指 鶴田純久作_ytpt054

    ¥259,200

    見出し:茶を点てたくなる今日にしよう。鶴田 純久の章
    作品名:朝鮮唐津 叩キ 八角 水指 鶴田純久作
    品番:ytpt054
    付属:桐の木箱
    ◇寸法 長径:約20.6センチ × 高さ:約17.3センチ 重さ:約1860グラム
    ◇唐津特有の叩き技法で制作し、形を八角柱に象った少し大ぶりな水指です。
    ◇朝鮮唐津特有の白と黒のコントラストが際立ちその中でも白釉の流れ具合が滝のような趣が叩き目と相俟って絶妙です。
    ◇底の畳付には板目の後と貝高台の跡が残り、普通は見えないそこの部分にも景色を醸し出しています。

    在庫1個

    カートに入れる
    Quick View
  • 朝鮮唐津 耳付 種壺 細 水指 鶴田純久作_ytpt213

    ¥194,400

    朝鮮唐津 耳付 種壺 細 水指 鶴田純久作_ytpt213

    ¥194,400

    見出し:着ごこち。色ごこち。買いごこち。鶴田 純久の章
    作品名:朝鮮唐津 耳付 種壺 細 水指 鶴田純久作
    品番:ytpt213
    付属:桐の木箱
    ◇寸法 長径:約13.6センチ × 高さ:約23センチ 重さ:約940グラム
    ◇この水指は古唐津の時代から残る細長い種壺をを写したもので、唐津特有の叩き技法で作られています。
    ◇上薬は白黒の二種の釉薬を掛け分けて合わさったところが流れるという朝鮮唐津にしたものです。正面などの白の流れにわずかなブルーの発色が絶妙な特徴となっています。
    ◇口作りは一重口できりりと角が立ち、昔の種壺として布を縛る用に作られた口作りを再現しています。
    ◇見た目には重々しく感じますが持ってみると意外と軽いのが叩き造の特徴です。

    在庫1個

    カートに入れる
    Quick View
  • 黒唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作_ytpg029

    ¥216,000

    黒唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作_ytpg029

    ¥216,000

    見出し:茶の香りが、旅の目的地です。鶴田 純久の章
    作品名:黒唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作
    品番:ytpg029
    付属:桐の木箱
    ◇寸法 長径:約18.8センチ × 高さ:約17.6センチ 重さ:約1210グラム
    ◇この水指は唐津特有の叩きで作られ双方肩に耳を付け、口は矢筈口作りの水指です。
    ◇底の畳付の部分には板目が付、窯の中でくっつきがないように貝高台(貝殻の上で焼いた跡)が6個がつき、3つの足が目立たなくつけてあります。
    ◇やや白っぽい土で作られ全面に状混釉が施されています。正面には灰が掛かり、釉の流れ具合など絶妙です。
    ◇器内には叩き特有の青海波波状紋が斑釉と相まって面白く焼上がっています。

    在庫1個

    カートに入れる
    Quick View
  • 黒唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作_ytpg037

    ¥237,600

    黒唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作_ytpg037

    ¥237,600

    見出し:伝えあうのはキモチがいい。鶴田 純久の章
    作品名:黒唐津 耳付 矢筈口 水指 鶴田純久作
    品番:ytpg037
    付属:桐の木箱
    ◇寸法 長径:約17.6センチ × 高さ:約17.1センチ 重さ:約120グラム
    ◇唐津特有の叩き技法で作られた水指で、双方の肩に耳が付き、口作りは矢筈口で作られています。叩きで作られているため見た目よりも軽く感じられます。
    ◇黒唐津の釉薬が全体に施され、叩きの板目と上薬の濃淡とが相俟って景色を醸し出しています。
    ◇そこの畳付には目立たない足が三カ所付けられていて、それと同じく貝高台の跡も六カ所残っています。

    在庫1個

    カートに入れる
    Quick View