黒唐津 片口 ぐい呑 鶴田純久作 昔の仕事が今に生きる。

品目:黒唐津 片口ぐい呑 鶴田 純久作
ytgg020
◇寸法 長径:約8.2センチ × 高さ:約4.8センチ 重さ:約120グラム
◇このぐい呑は、古唐津にあった醤油樽等の注ぎ口の受け用として作られた小さな片口を写してぐい呑として作られています。手の中に入る程良い大きさで普通のぐい呑に片口が付いている大きさです。
◇上薬も漆黒の黒釉が全体に施されていますが胎土の砂気や火の回りで景色が醸し出され、特に正面などは火が直接当たったらしく窯変が出ています。
◇底の部分、高台畳付には貝高台の跡が残り、火に焼けた砂気の多い土と黒い上薬の釉際などの兼ね合いが面白く景色となっています。
—–予備説明—–
◇黒唐津(くろからつ)とは、他の分類に属さない暗くて黒っぽい釉膚の唐津をこう呼んでいます。木灰と鉄の含有量が多い岩石とを混ぜ合わせた釉薬をかけ焼成したもので、鉄分の含有量の量や、原料の成分により、黒、飴、柿色などに変化します。装飾的には拘らない甕や壺などの民具に多く使われているようです。単色の上薬ですが窯変などの変化したものが良しとされています。
◇貝高台(かいこうだい)とは、単体では高温で溶けることのない石灰石、その成分で出来た貝を器とハマや窯床との間に敷き宙に浮いた状態でお互いの焼き付きをなくす役割をします。焼成後は湿気で粉状になり簡単につぶすことが可能ですので後処理が簡単であることが、昔から窯道具としてよく使われていた所以でしょう。単体で溶けない石灰石ですが貝殻の塩基成分とかみ合って土と溶け合い貝殻の跡がくっきりと残ります。その溶けて残った跡を装飾の意味で貝高台と称しています。

Related posts:

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.