油皿 あぶらざら

油皿

行燈用の油皿。陶製のものは江戸時代の瀬戸焼などに多く、その粗画には捨て難い趣があって近年好事家に愛好されています。

About the author: Yoshihisa Tsuruta

Leave a Reply

Your email address will not be published.