鶴田 純久の章

唐津の茶碗を牛篦(ギュウベラ)で作る

唐津に伝わる牛箆(ギュウベラ:牛の舌のようなヘラ)を使用した唐津茶碗の作り方で、土を延ばすやり方から形を作る祭の見込み内を出来るだけ土を締めて作るやり方やまた口造りも牛篦と指で押さえ締めて作る技法です。


◇牛篦で土を延ばす

クリーム状の泥漿を潤滑剤のように利用し牛篦を使い土を延ばします。どの器もこの工程は同じなのですが、器によってはある程度の大きさや厚みなどが決まってきます。指先とは違い牛篦の面を使った伸ばし方で土の密度を圧縮するような伸ばし方です。


◇口縁の突端を牛篦と指とで締める

砂毛が荒く粘性がない土ほどここで良く締めておかないと後の形を作るときに裂くれてきます。完成後の口作りが内側が尖って外側が丸くなっているのは、牛篦で伸ばした後そのまま口縁部を押さえる事によりこの形が残ります。
また、内側が尖ることにより唇を付けて飲む際に水切れが良くなります。昔の井戸茶碗を始め朝鮮系の茶碗の口造りはこの様な作り方をしているのが多いようです。


◇土を締めながら形作り

見込み内より牛篦で上から押さえ込むように土を締めながら形を作っていく。ここをしっかり土を締めていないと高台中心が切れたり、乾燥と共に腰の曲線が崩れ立ち上がったりして指掛りの部分が伸びたりする。しかり締めた作り方をすると形は崩れないものです。
動画では分かりづらいと思いますが上記の土を伸ばす際にはクリーム状の泥漿をヘラに付け滑るように伸ばしますが、ここではヘラ面よりクリーム状の泥漿を出来るだけ取り除き、また見込み内には泥漿や水分は付けないようにして摩擦を利用して押さえ込むようにして締めて作ります。動画では簡単に見えますが結構力を入れて押さえています。


◇土を締めて口造り

口縁部分の土を締めながら口の形を作ります。そのままの状態ですと井戸茶碗や碗形の茶碗になりますが、外に広げると熊川茶碗になります。器が長持てするには口の丈夫さというのは最重要で作陶時の一番気の使い所です。


◇見込みの土の締め

牛篦最後の土の締めは見込みの中の中心を行います。これは高台の中心が切れるのを防ぐために行いますが、その形跡が中国や朝鮮の陶磁器などで見かける「鏡」と言われるものや、たまたま深く凹んでいる状態を日本の茶道でお茶碗の約束事などで「茶だまり」と言われるものがそのようです。


世界的に見る陶磁器の傾向は白く良く焼き締まった(ガラス化する)物を作るのが目標のようで、良く焼き締る土ほど生の時の土は作りにくく粘性が少ないものですからこの様な締めて作る造り方になったようです。
民陶になる量産する傾向になり、土を水樋する時間が無かったり、粘土分が多くなったり鉄分が多くなったりで作りやすくなりこの様な技法は徐々に姿を消しています。