道具一覧


牛篦(ギュウベラ)

主に轆轤成形の時に使います。土を伸ばしたり姿形を作ったりします。

牛篦を使わなくてはいけなかった理由についてはいろいろあります。
まずは土の性質から考えると理想とする焼き物は良く焼き締まる土を使います。良く焼き締まると言うことは高温でガラス化するシリカが多いと言うことです。シリカが多いと言うことはカオリン分が少なくなり粘りが少なくなり轆轤成形が困難になってきます。
また、カオリン分が少なくなると高台付近が切れやすくなってきます。
そんな理由で工夫され生み出されてきたのが牛篦です。
近代土作りが機械化され良質な土作りが生産されてきていますので牛篦に対する重要度が薄れてきていますが李朝系の焼き物を作る上では欠かせない物です。
とくに唐津系の茶碗や向付・皿類、井戸茶碗、初期伊万里の轆轤成形物などです。

蹴り轆轤(ケリロクロ)

足で蹴って回す轆轤です。朝鮮半島より渡来した朝鮮陶工が持ち込んだ轆轤で九州・山口の窯場で使われています。それより西の方では手回し轆轤(中国系)が使われています。
現代は電動ロクロが主流ですが、私が行う叩き技法になると蹴轆轤でないと成形が出来ませんので重要になります。
叩きの水指や手練の茶碗、板起こしの茶入・徳利など作ります。
何が重要かというと、足で蹴ってぐるぐる回すと言うよりも回り始めの抵抗の少なさです。手練で土を伸ばすときにつまみながら回したり叩きながら回すというケリロクロならではの回転が必要となります。

土捏ね台(土錬り台)

土を練る台。土の中に有る空気を出したり、微妙に違う土の密度や柔らかさなど均一にするために練ります。
多いときで20kgぐらい練るので重く丈夫な土台が必要です。
素材としては松の木の方が大きくて広く長いものが取れて価格帯も安いので良いようです。
また、天板の広さが 1000mm×580mm有りますので作業台としても使える物が良いようです。

チョッパゲ

土作りや灰作りなどの水簸作業で使う道具。
本来はひょうたんを2等分し柄を付けた物でしたが近年ではステンレスで出来サビ対策やれっかんどに優れています。
水簸の時に上水を救ったりするのに便利で昔の人の工夫がいかされている道具です。
水簸とは粉状の粉末を水に溶かし撹拌し泥水状にして時間をおくと粒の大きい物は速く沈殿し底に溜まり粒子の細かいのは水中に浮遊します。それを掬い取り別の容器に移し細かい粒子を取り出す作業を言います。
2020年現在有田町ではステンレス製で作る人がいなく現存しているものしかないようです。