チョッパゲ

鶴田 純久
鶴田 純久

土作りや灰作りなどの水簸作業で使う道具。
本来はひょうたんを2等分し柄を付けた物でしたが近年ではステンレスで出来サビ対策やれっかんどに優れています。
水簸の時に上水を救ったりするのに便利で昔の人の工夫がいかされている道具です。
水簸とは粉状の粉末を水に溶かし撹拌し泥水状にして時間をおくと粒の大きい物は速く沈殿し底に溜まり粒子の細かいのは水中に浮遊します。それを掬い取り別の容器に移し細かい粒子を取り出す作業を言います。
2020年現在有田町ではステンレス製で作る人がいなく現存しているものしかないようです。

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。