青井戸茶碗 銘 山の井

名物高さ:6.1~6.5cm口径:13.2~13.8cm高台外径:4.5~4.7cm同高さ:1.1~1.3cm  金沢には青井戸の名碗といわれるものが三碗あります。すなわち宝樹庵、藤田家伝来の雲井、さらにこの山の井ですが

三島茶碗 銘 両国

高さ:6.8~7.1cm口径:13.3~13.8cm高台外径:4.8~5.0cm同高さ:0.8~0.9cm  いわゆる古三島とは、いささか趣を異にした茶碗です。外側は粉引で、内側は暦手になっているところからこれを粉引三島

青井戸茶碗 銘 宇治

名物一名:蜂谷井戸高さ:6.8~7.2cm口径:15.2cm高台外径:4.9~5.1cm同高さ:1.3cm  この茶碗を『大正名器鑑』では古井戸としていますが、これとほとんど同様の釉色をもつ柴田井戸を青井戸としていること

礼賓三島茶碗 銘 四皓

重要文化財高さ:4.8~5.3cm口径:19.2cm高台外径:5.0cm上同高さ:0.9cm  平戸の松浦家に伝わった三島の名碗で、裏に黒ぐろと、「内資寺」と書かれている句が珍しいです。 三島には礼賓・興庫・仁寿府・内謄

青井戸茶碗 銘 宝樹庵

高さ:6.5~6.8cm口径:14.6~14.7cm高台外径:5.1cm同高さ:0.9~1.0cm  近年、青井戸の名碗といえば、柴田と宝樹庵をあげるのが数寄者の間での一致した見解となっています。これに加えて宇治井戸・山

三島茶碗 銘 上田暦手

所蔵:根津美術館高さ:5.5cm口径:14.0cm高台外径:4.5cm同高さ:1.2cm  伝世の古三島茶碗として、最も有名なものの一つで、所持者の名によって上田暦手と呼ばれ、古来名物とされています。なお暦手とは三島手の

青井戸茶碗 銘 柴田

重要文化財大名物所蔵:根津美術館高さ:7.1cm口径:「4.3cm高台外径:4.8cm同高さ:1.8cm  いったいに青井戸は、井戸手の中の下手物とされているように、厚手で鈍重なものが多いですので、小振りで作ゆき締まり、

小井戸小貫入茶碗 銘 雄蔵山

所蔵:藤田美術館高さ:6.0cm口径:13.3cm高台外径:4.7~4.9cm同高さ:0.8cm  井戸手小貫入(一名小ひび手)の、代表的茶碗とされるものです。雄蔵山の銘は、松花堂と伝えられ、この茶碗のみごとな釉色を、小