荒磯 あらいそ

黒楽茶碗。ノンコウ作。浅めの茶碗で、薄造りで胴がわずかにくびれています。漆黒の光沢のある釉がかかり、その幕釉の

雨雲 あまぐも

黒楽茶碗。光悦作。重文。黒釉の景を雲脚の速い雨雲に見立てて覚々斎が命銘。総体に丸造りで、口縁一部が端反りになっ

あざみ あざみ

赤楽茶碗。ノンコウ作。利休好みの馬盟形の平茶碗で、口縁は高低のある山道になり、腰張りであります。胴には強い横箆

俊寛 しゅんかん

黒楽茶碗。長次郎作。名物。利休が薩摩の門人に、長次郎茶碗を三碗世話したところ、二碗が返送されこの一碗が残りまし

小原女 おはらめ

瀬戸黒茶碗。名物。美濃茶陶の最も初期に属する作品が瀬戸黒茶碗です。底が真一文字で、高台があるかないかわからない