佐賀県有田町 2011年 第15回うーたん通り秋の窯まつり

鶴田 純久
鶴田 純久


2011年第15回うーたん通り秋の窯まつり
期日:11月3日(木)~11月6日(日)
時間:9:00~17:00
テーマ:「有田焼395/400」
5年後に有田は有田焼創業400年祭をむかえます。
その400年祭に向け、うーたん通り元気の会では自分たちの足元をしっかり見つめなおしてみようと考えました。
今年は日本磁器発祥の地「有田」を支えてきた陶磁器原料である『泉山の石』についてその魅力を探ります。
☆う一たん通り 15回記念講演会
永年にわたり有田焼の調査研究に携わってこられた
河口純一氏による、めったに聞けないお話です。
日時:11月3日困 午後2:00~3:00
11月5日(土)午後2:00~3:00
場所:山口印刷前広場(駐車場)
問い合わせ:梶山工芸
有田う一たん通り2-2-1
TEL:0955-42-2356
URL:http://u-tan.jp
mailto:info@u-tan.jp

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。