河内英利作陶展

鶴田 純久
鶴田 純久

河内英利 黄瀬戸花器
画像:河内英利 黄瀬戸花器
河内英利作陶展
2011年11月9日(水)~15日(火)/本館6階美術画廊
■陶歴
静岡松坂屋 個展
池袋東武 個展
渋谷東急本店 個展
■パブリックコレクション
ニューオリンズ美術館 織部壷
フィラデルフィア美術館 志野陶筥
ロバートイェリン
やきものギャラリー個展
大阪芸術大学工芸科卒
加藤春鼎、島田幸一先生に師事
河内英利作陶展

前に戻る

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。