第二回中里家寄贈品展 古唐津 ~素晴らしき唐津焼の世界~

鶴田 純久
鶴田 純久
2011年11月12日(土)~12月18日(日)観覧無料開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)休館日/月曜日会場/河村美術館佐賀県唐津市北城内6番5号

 

古唐津 第二回中里家寄贈品展 古唐津 第二回中里家寄贈品展

 

第二回中里家寄贈品展古唐津~素晴らしき唐津焼の世界~ 平成二十一年、中里家から唐津市へ十三代中里太郎右衛門(日本芸術院会員中里逢庵)氏の作品を含む国内外の陶磁器約七百点と、唐津焼の調査研究のために県内の古窯跡から収集された一万五千点以上の陶片をご寄贈いただきました。特に、伝世品を含む古唐津の資料は、質・量ともに充実しており、価値ある美術工芸品としてだけでなく、今後の唐津焼の調査研究の重要な資料としても大変貴重なものです。 今回は、寄贈品の中でも特に優品とされる古唐津の伝世品を中心に展示し、その多彩な魅力を紹介します。平成23年11月12日(土)~12月18日(日)開館時間/午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)休館日/月曜日会場/河村美術館佐賀県唐津市北城内6号主催/唐津市教育委員会協力/財団法人河村美術館お問い合わせ先/唐津市教育委員会文化課  (電話)0955-72-9171
前に戻る
Facebook
Twitter
Email

記事・情報

柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片
土の話

まず、掲載した画像は鬼子嶽城周辺の古窯跡帆柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片です。この陶片の割れた断面を少し平らに磨き拡大鏡で移した画像です拡大した画像の上部に写るのは斑釉の釉薬で其の下の方は土の部分です。肉眼では見えませんが土の

水の浸透実験

土がどのように焼締まっているか(土の成分のガラス化)を目に見える実験をしてみました。10分程度の動画ですが、10分たっても水玉はなくなりませんでした。土の中に水は浸透せず、土自体がガラス化して焼締まっているということです

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
mail2.png

お問い合わせ

ページに関するお問い合わせ・ご質問・ご意見など、お気軽にお送りください。

鶴田 純久TSURUTA YOSHIHISA
住所:佐賀県西松浦郡有田町泉山1-28-23
電話番号:0955-43-2764
EMAIL:info@turuta.jp