絵唐津 草紋 碗形 ぐい呑 鶴田純久作 器を育てる自分がいます。

鶴田 純久
鶴田 純久

サイト:ヤフーストア HISASIH-SHOP http://store.shopping.yahoo.co.jp/hisasihshop/
品目:絵唐津 草紋 碗形 ぐい呑
ytge137
◇寸法 長径:約8.5センチ × 高さ:約5.8センチ 重さ:約132グラム
◇このぐい呑は、やや大きめの碗形のぐい呑です。正面と裏面には草の紋様が簡素に描かれています。全面にブルーがかった上薬が掛かり無造作な釉掛けで火間が出来景色を醸し出しています。
◇やや砂気が多い土で無造作に削られそれがまた素朴な雰囲気を出し味わい深いものになっています。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇絵唐津(えからつ)とは、鉄絵のある唐津はすべて絵唐津と呼ばれます。唐津の窯で最も普遍的に上釉として用いられたのは、土灰釉か長石釉ですが、この釉下の地膚に絵を描けば絵唐津になります。胎土の上に、草花文様や橋上人物図など瀟洒(しょうしゃ)な絵を鉄の絵の具で描き、その上に上釉を施したものです。絵柄についても簡素な李朝風の絵柄から織部好みとされるデザイン性に富んだ絵柄まで幅広くあります。
◇火間(ひま)とは、上釉の掛からない箇所で素地が露出して赤く焼けた状態や上釉がはげたり縮んだりして火色の出た部分を言います。本来は作者が釉掛けの時に無意識のうちに掛け損じてそのまま焼き上がった物で、本来は欠陥品のようですが、それもまた景色として面白いという事で先人のお茶人達が持て囃したことで、この装飾名が残っています。これも日本人特有の美意識が粋で使う呼び名だと思います。

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。