黒唐津 半筒 ぐい呑 鶴田純久作 夜の砂漠 心地よい砂のぬくもり

鶴田 純久
鶴田 純久

https://youtu.be/jRGZuRXQT24

サイト:HISASIH-SHOP http://www.amazon.co.jp/
品目:黒唐津 半筒 ぐい呑
ytgg009
◇寸法 長径:約7.3センチ × 高さ:約5.5センチ 重さ:約134グラム
◇このぐい呑は、やや大きめの半筒のぐい呑で、上薬は少し艶が落ちたやや緑がかった黒釉で釉の濃淡と胎土の砂気とで景色が出ています。手練成形で作られ口縁も波打って楽茶碗風に作られています。
◇砂気の多い土で作られ透明性がない黒釉の上からでも砂気感じ取られ胴の一部に砂気が多いためひび割れが生じたり、特に高台脇などは土の動きがよく見て取れます。畳付には貝高台で焼かれた跡が残っています。
◇ひび割れは上薬で塞がっていますので水漏れは生じません。また砂気のざらつきはさほど見た目よりひどくなく心地よい刺激ぐらいの手触りです。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇黒唐津(くろからつ)とは、他の分類に属さない暗くて黒っぽい釉膚の唐津をこう呼んでいます。木灰と鉄の含有量が多い岩石とを混ぜ合わせた釉薬をかけ焼成したもので、鉄分の含有量の量や、原料の成分により、黒、飴、柿色などに変化します。装飾的には拘らない甕や壺などの民具に多く使われているようです。単色の上薬ですが窯変などの変化したものが良しとされています。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email

記事・情報

柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片
土の話

まず、掲載した画像は鬼子嶽城周辺の古窯跡帆柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片です。この陶片の割れた断面を少し平らに磨き拡大鏡で移した画像です拡大した画像の上部に写るのは斑釉の釉薬で其の下の方は土の部分です。肉眼では見えませんが土の

水の浸透実験

土がどのように焼締まっているか(土の成分のガラス化)を目に見える実験をしてみました。10分程度の動画ですが、10分たっても水玉はなくなりませんでした。土の中に水は浸透せず、土自体がガラス化して焼締まっているということです

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
mail2.png

お問い合わせ

ページに関するお問い合わせ・ご質問・ご意見など、お気軽にお送りください。

鶴田 純久TSURUTA YOSHIHISA
住所:佐賀県西松浦郡有田町泉山1-28-23
電話番号:0955-43-2764
EMAIL:info@turuta.jp