唐津皮鯨 碗形 茶碗 鶴田純久作 点てることに制限はない。

鶴田 純久
鶴田 純久

品目:唐津皮鯨 碗形 茶碗
ytow053
◇寸法 長径:約13センチ × 高さ:約7.6センチ 重さ:約280グラム
◇この茶碗は、唐津のオーソドックスな碗形の茶碗で口縁部に鉄釉を巻いた皮鯨の茶碗です。全体に白い透明釉がかかり腰のところで釉ダレが生じています。また腰回りには火回りの加減で窯変ができ変化して景色を醸し出しています。
◇砂毛の多い土で作られ高台周りには唐津特有の縮緬皺や土の動きのザックリ感で茶碗の重厚さを表しています。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇皮鯨(かわくじら)とは、昔より先頃まで日本の各地でよく食していた鯨の身で、白く脂がのった肉と黒くなった皮膚の部分を切断部分から出た呼び名です。本来の元々の目的は口周りの部分に鉄釉を施し焼成後よく焼〆るため口を補強するためと思われます。器内に絵がありこれを施したものは皮鯨と言わず、絵が無いものだけを称しています。

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。