朝鮮唐津 水滴 鶴田純久作 その毎日、思えば平凡。書けば芸術。

鶴田 純久
鶴田 純久

https://youtu.be/KO_EKoyE_iY

品目:朝鮮唐津 水滴 鶴田純久作
ytzt003
◇寸法 長径:約8.8センチ × 高さ:約6.4センチ 重さ:約112グラム
◇この器は、書道で用いる水滴です。朝鮮唐津特有の白と黒の上薬を掛けその混ざり具合流れ具合が絶妙です。それが一番の見所でしょう。
◇唐津独自の作り方「板起こし」で作られているため手持ちは軽く、大きめに作られていますが意外と軽く感じるでしょう。底の部分も板目が付きこれも見所の一つと言えるでしょう。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇朝鮮唐津(ちょうせんからつ)とは、唐津焼の中での黒(飴釉)と白(斑釉)の上薬の掛け分けて焼成されたものをいい、本来は白黒のコントラストをデザイン的に意識したものですが、今日では合わさった所の絶妙な溶け具合・混ざり具合・流れ具合がもてはやされ主流となり見所となりました。高温で焼くため窯変ものが多く多彩な表情がうかがえます。本来、朝鮮唐津とは叩き造りで何の変哲も無い飴釉を掛けて焼いた物、朝鮮のような唐津物といっていましたがいつの間にか白黒の流れの良い物を呼ぶようになったようです。
◇板起し(いたおこし)とは古唐津特有の技法で、叩き造り技法の行程で、轆轤の天板上にまるい盤状の土板をのせて底板とし、この上に粘土の紐を輪にして、いくつもいくつも積み上げてゆきます。適当な高さに達したら、この円筒状の器壁に水をつけ轆轤の回転で成形を行います。小さな徳利など円筒状内に拳が入らないものなどは叩くことが出来ないのでそのまま水引きします。また円筒状を叩きしめた後でも水引き成形し整えたものもいいます。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email

記事・情報

柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片
土の話

まず、掲載した画像は鬼子嶽城周辺の古窯跡帆柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片です。この陶片の割れた断面を少し平らに磨き拡大鏡で移した画像です拡大した画像の上部に写るのは斑釉の釉薬で其の下の方は土の部分です。肉眼では見えませんが土の

水の浸透実験

土がどのように焼締まっているか(土の成分のガラス化)を目に見える実験をしてみました。10分程度の動画ですが、10分たっても水玉はなくなりませんでした。土の中に水は浸透せず、土自体がガラス化して焼締まっているということです

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
mail2.png

お問い合わせ

ページに関するお問い合わせ・ご質問・ご意見など、お気軽にお送りください。

鶴田 純久TSURUTA YOSHIHISA
住所:佐賀県西松浦郡有田町泉山1-28-23
電話番号:0955-43-2764
EMAIL:info@turuta.jp