マイぐい呑ケース 本革製

その昔足利義満も戦場に行くときも茶入れを携帯していた九十九茄子を思い浮かばせた本革製のケース。 作は大村市の中山智介氏。 これをマイクさんより譲り受けた。 足利義満の気分になるだろう。 鶴田純久

陶器市での展示中

庵久で作品を展示中です。 有田陶器市にご来訪のさいはお寄り下さい。 鶴田純久

板起こし茶入造り 鶴田 純久 唐津焼伝統技法

◇板起し(いたおこし)とは古唐津特有の技法で、叩き造り技法の行程で、轆轤の天板上にまるい盤状の土板をのせて底板とし、この上に粘土の紐を輪にして、いくつもいくつも積み上げてゆきます。適当な高さに達したら、この円筒状の器壁に […]