板起こし茶入造り 鶴田 純久 唐津焼伝統技法

鶴田 純久
鶴田 純久
板起こし茶入造り

YouTubeチャンネル登録をよろしく。

ライン

◇板起し(いたおこし)とは古唐津特有の技法で、叩き造り技法の行程で、轆轤の天板上にまるい盤状の土板をのせて底板とし、この上に粘土の紐を輪にして、いくつもいくつも積み上げてゆきます。適当な高さに達したら、この円筒状の器壁に水をつけ轆轤の回転で成形を行います。小さな徳利など円筒状内に拳が入らないものなどは叩くことが出来ないのでそのまま水引きします。また円筒状を叩きしめた後でも水引き成形し整えたものもいいます。

記事・情報

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た