鼠志野茶碗 銘 通天

高さ:7.7~8.7cm口径:13.2~13.5cm高台外径:7.0cm同高さ:1.0cm  「さざ波」と同様、高根東窯の産と思われる茶碗です。 高根には窯跡が三つあって、西に一つ離れている窯は、例の有名な赤志野、石竹の […]

練り上げ志野茶碗 銘 猛虎

高さ:8.1~8.8cm口径:13.0~13.5cm高台外径:6.7cm同高さ:0.8cm  鼠志野竹の節茶碗と、ほぼ同じ作ゆきの茶碗です。おそらく大萱の窯下窯か牟田洞で造られたものでしょう。 練り上げ志野は、白い土に赤 […]

鼠志野茶碗

高さ:8.8cm口径:12.7cm高台外径:7.5cm同高さ:0.7~0.8cm  鼠志野は、美濃のいたるところの窯で焼いています。無地のものと、象眼したように白い彫噛I暑り紋のあるものとありますが、化粧がけした鬼板の濃 […]

鼠志野 檜垣文 茶碗 銘 さざ波

高さ:8.5cm口径:13.3~13.7cm高台外径:6.5cm同高さ:0.7cm  高麗茶碗の彫三島の紋様を鼠志野の技法でまねた珍しい茶碗で、その直線による幾何学紋様は、普通檜垣模様と呼ばれていますが、これは元来、青海 […]

鼠志野茶碗

高さ:7.8~8.3cm口径:12.4~13.3cm高台外径:5.7~6.0cm同高さ:0.6cm  白い素地に赤土を化粧し、これを掻き落として紋様を描いた上に、厚い志野釉をかけて焼きますと、膚がくすんだ鼠色になり、俗に […]

鼠志野 檜垣文 茶碗

所蔵:畠山記念館高さ:7.2~8.0cm口径:13.5~14.0cm高台外径:6.5~7.0cm同高さ:1.2cm  鼠志野の技法によっていますが、赤い火色が茶碗の側面と見込み全体をおおって、赤志野と呼ばれる珍しい出来上 […]

鼠志野茶碗 銘 山端

所蔵:根津美術館高さ:8.0~8.8cm口径:14.0cm高台外径:5.8cm同高さ:1.1cm  山端茶碗も志野名品中の名品として、志野をいうとき、だれしもただちに脳裡に思い浮かべる名碗の一つです。銘は、『玉葉和歌集』 […]

鼠志野茶碗 銘 峰紅葉

所蔵:五島美術館高さ:7.6~8.7cm口径:13.5~14.0cm高台外径:6.0~6.2cm同高さ:0.7cm  素地土はやや粗い質の落葉色ですが、高台や高台裏の露胎になった部分は、伝世のためニス色になっています。轆 […]

無地志野茶碗 銘 卯の花

高さ:7.8~8.3cm口径:11.5~13.0cm高台外径:6.0cm同高さ:0.5cm  鉄絵紋様のない白無地の志野を、俗に無地志野とよんでいます。無地志野は絵志野や鼠志野に比べて遺品の数少ないもので、とくに茶碗とな […]

志野茶碗 銘 千石

高さ:8.7cmロ径13.7~14.0cm高台外径:6.3~6.5cm同高さ:0.5cm  「千石」の銘は、千石舟ほどという大きさを示したものか、あるいは千石の貫禄を表わしたものか、ともかく豪放雄大なること無類の志野茶碗 […]