日本映画「未来へのかたち」

鶴田 純久
鶴田 純久

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。
じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科」の同級生山田公夫君の工房「きよし窯」で行われていました。以前三十数年前に訪問したときは工房を新しくする前とのことでしたので映画の中での新しくされた工房を初めて拝見しました。工房の中でさりげなく置かれていた牛篦(ギュウベラ焼き物を作るときの道具で九州・山口地方でよく使かう。)で山田君の仕事ぶりが窺えました。
今日は佐賀市の大和町の「イオンシネマ佐賀大和」に見に行きましたが、現在はイオンシネマ系列の映画館でしか上映されていないようです。もし興味があるお方でしたら是非ご覧になって下さい。久々に「ほっ」とする映画でした。

記事・情報

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

私の好きな古唐津 陶説

陶説 811号(合併版)の特集「私の好きな古唐津」に掲載して頂きました。陶説と言えば私の若い頃より勉強させて頂いた冊子ですので光栄に思いました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。