絵唐津 草紋 筒 ぐい呑 鶴田純久作 呑まなくてもわかる。呑めばもっとわかる。器の味。

鶴田 純久
鶴田 純久

品目:絵唐津 草紋筒ぐい呑 鶴田純久作
ytge131
◇寸法 長径:約7.3センチ × 高さ:約7センチ 重さ:約140グラム
◇このぐい呑は、やや大きめの筒形のぐい呑で正面に草の絵を大きく裏面には木賊を描いています。透明感のある上薬が施され正面の絵と重なって炎があたって窯変し景色を醸し出しています。それが一番の見所でしょう。
◇やや砂気が多い土で製作されているため縮緬皺が出て、畳付は生きよいよく削られて三日月高台になっています。これも見所の一つと言えるでしょう。

記事・情報

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た