彫唐津 半筒 茶碗 鶴田純久作 茶碗とお茶で、温まろう。

鶴田 純久
鶴田 純久

品目:彫唐津 半筒 茶碗
ytof014
◇寸法 長径:約12.1センチ × 高さ:約7.6センチ 重さ:約330グラム
◇やや小ぶりな半筒の茶碗で胴回りにヘラで強く彫りが入れられています。その彫り回りに梅花皮(釉の縮れ)が生じ景色を醸し出しています。
◇やや砂気のある白い土で制作され、高台には縮緬皺がでて景色となっています。
◇全体に白っぽい肌色で使い込めばよく育つと思います。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇彫り唐津(ほりからつ)とは、素地の表面を鉋や篦などで彫り文を入れ装飾したものをいい、彫り文を入れたところによく梅花皮や上薬の濃淡などで景色が出ています。人為的なデザインですがそれをより自然な雰囲気にするのが見所のようです。起源は古く文禄・慶長の役の頃、古田織部の指導が入ったと言われています。斑釉をかけたものや黒釉をかけたものに彫文を施したものもありますが、普通は斑唐津、黒唐津と呼んでいます。

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。