彫唐津 半筒 茶碗 鶴田純久作 茶碗とお茶で、温まろう。

鶴田 純久
鶴田 純久

https://youtu.be/0adqkQJIu0Y

品目:彫唐津 半筒 茶碗
ytof014
◇寸法 長径:約12.1センチ × 高さ:約7.6センチ 重さ:約330グラム
◇やや小ぶりな半筒の茶碗で胴回りにヘラで強く彫りが入れられています。その彫り回りに梅花皮(釉の縮れ)が生じ景色を醸し出しています。
◇やや砂気のある白い土で制作され、高台には縮緬皺がでて景色となっています。
◇全体に白っぽい肌色で使い込めばよく育つと思います。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇彫り唐津(ほりからつ)とは、素地の表面を鉋や篦などで彫り文を入れ装飾したものをいい、彫り文を入れたところによく梅花皮や上薬の濃淡などで景色が出ています。人為的なデザインですがそれをより自然な雰囲気にするのが見所のようです。起源は古く文禄・慶長の役の頃、古田織部の指導が入ったと言われています。斑釉をかけたものや黒釉をかけたものに彫文を施したものもありますが、普通は斑唐津、黒唐津と呼んでいます。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email

記事・情報

水の浸透実験

土がどのように焼締まっているか(土の成分のガラス化)を目に見える実験をしてみました。10分程度の動画ですが、10分たっても水玉はなくなりませんでした。土の中に水は浸透せず、土自体がガラス化して焼締まっているということです

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
mail2.png

お問い合わせ

ページに関するお問い合わせ・ご質問・ご意見など、お気軽にお送りください。

鶴田 純久TSURUTA YOSHIHISA
住所:佐賀県西松浦郡有田町泉山1-28-23
電話番号:0955-43-2764
EMAIL:info@turuta.jp