唐津蛇蝎手 彫紋 半筒 茶碗 鶴田純久作 たまには、ふわりと過ごしましょう。

鶴田 純久
鶴田 純久

品目:唐津蛇蝎手 彫紋 半筒 茶碗
ytoj001
◇寸法 長径:約11.5センチ × 高さ:約9.1センチ 重さ:約370グラム
◇この茶碗はやや大振りで胴回りに彫り文が入った半筒の茶碗です。全面に長石釉と飴釉を掛け、長石の縮れの変化を応用した蛇蝎手になっています。
◇唐津では珍しく、楽茶?風に手練で作られた茶碗で、そのためか口縁部分が微妙に波打って味を醸し出しています。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇唐津蛇蝎手(からつじゃかつて)とは、黒唐津の一種で、二種類の釉薬を掛け合わせて黒釉か白釉が縮んでその模様がは虫類の皮膚鱗に似た状態になった唐津をこう呼んでいます。元々は単体の上薬を掛け表面がざらつき製品にならなかったのを別の上薬でかけ直し焼成した物が意外に良かったので最初から二種の上薬で掛け合わせ焼くようになったのでしょう。蛇や蜥蜴という名前ですので良いのか悪いのかは観る側の判断でお願いしますが、この焼成方法は意外と難しいく世に出るにも数が少なくなるでしょう。これも織部の影響とされています。

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。