備前唐津 瓢形 掛花入 鶴田純久作 器こそが、私たちの豊かさだ。

鶴田 純久
鶴田 純久

サイト:HISASIH-SHOP http://store.shopping.yahoo.co.jp/hisasihshop/
品目:備前唐津 瓢形 掛花入
ytry001
◇寸法 長径:約9.7センチ × 高さ:約14.5センチ 重さ:約350グラム
◇この掛け花は瓢の掛け花で頸はよく絞まり、信楽の蹲るに感じるものがあります。全体に薪の灰がかかり備前唐津らしい色合いになっています。きめの細かい黒い土で作られかかった灰との溶け具合が絶妙です。
◇後面には袴の付いた金具が付いていて固定されています。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇備前唐津(びぜんからつ)とは、叩き締めた赤い土膚に灰釉を薄くかけて焼いたもので、一見焼〆のように見れますがその錆びた色あいと土の締まり具合、そして強い織部好みのひずんだ形が備前茶陶によく似ているため、近来この類を備前唐津と呼ぶようになりました。もとは朝鮮唐津といわれていたものですが、飴釉。藁灰釉のかけ分けの朝鮮唐津と区別するために備前唐津と呼ぶようになりました。

前に戻る

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。