朝鮮唐津 槍の鞘 肩衝 茶入 鶴田純久作 器とこだわりが、世界を変える。

鶴田 純久
鶴田 純久

サイト:HISASIH-SHOP http://store.shopping.yahoo.co.jp/hisasihshop/
品目:朝鮮唐津 槍の鞘 肩衝 茶入
yttt178
◇寸法 長径:約6.1センチ × 高さ:約11.5センチ 重さ:約114グラム
◇この茶入は、細長で背が高い、大名物で古瀬戸の槍の鞘を摸した物で上薬は白と黒の朝鮮唐津にし高さがある分正面の溶けて流れ具合が力図よく滝のように景色を作っています。それが一番の見所でしょう。
◇きめの細かい土で作られ全体に薄く手持ちも軽く仕上がっています。肩の張り具合、胴締めのライン、糸切りの高台など見所が多々あります。
◆◆◆予備説明◆◆◆
◇朝鮮唐津(ちょうせんからつ)とは、唐津焼の中での黒(飴釉)と白(斑釉)の上薬の掛け分けて焼成されたものをいい、本来は白黒のコントラストをデザイン的に意識したものですが、今日では合わさった所の絶妙な溶け具合・混ざり具合・流れ具合がもてはやされ主流となり見所となりました。高温で焼くため窯変ものが多く多彩な表情がうかがえます。本来、朝鮮唐津とは叩き造りで何の変哲も無い飴釉を掛けて焼いた物、朝鮮のような唐津物といっていましたがいつの間にか白黒の流れの良い物を呼ぶようになったようです。

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。