陶芸家から見た古陶磁の見解

古陶磁を制作した陶工達と同じ視点から考えるとどの様に制作し焼成したかが見えて来るものですから、それを参考に今後の創作活動に影響を与えられればと思います。
また、これらの見解は個人的なものですから違う見解も有るかと思いますがそれはそれで参考にしてください。

絵唐津鳥紋四方向付(武雄系唐津 内田皿屋窯)

◇絵付けの分析  絵の描き方で古唐津全般に言えることはいわゆる一筆書きで描かれています。初期の頃は細い線や太い線など一本の筆で描いていますがだんだん慣れてくると絵師のような描き方になっているようです。この器は一本の筆で描

絵唐津沓形茶碗(松浦系唐津 甕屋の谷窯産)

◇沓形茶碗造りの分析  そもそも古唐津は朝鮮陶工の手によって作られたのが殆どだが、造形やデザインなどは日本人によって注文され生産されたと考えられる。この器は当時流行っていた織部好みの変形茶碗を模した茶碗を注文されたもので

黒唐津叩き矢筈口水指(松浦系唐津 市若窯産)

◇叩き技法の分析  下図の陶片は水指の矢筈口の鐔の所ですがこれを見定めすると分かったことですが叩き締めて形を形成するときには一切水を使ってない事と箆だけで押し締めて形作るようです。訳は矢筈口の押し曲げた内面には叩き紋様波

絵唐津松紋四方向付(松浦系唐津 焼山窯産)

◇絵付けの分析  絵柄の描き方について、松の花と木賊は穂先より筆を入れ付け根や根元まで力強く描いている。だが草の紋様は根元より筆を入れ葉先へ描き葉先で抜かさず少し止めている。  これは毛筆の描き方と同じで直線のしっかりし