鶴田 純久
鶴田 純久
須恵器 異形品
須恵器 異形品

Sue ware vessel of unidentified shape. Excavated from Daibutsuyama Tumulus, Tamaki-chō, Mie 7th century. Height 13.2cm. Ise Jingū Chōkokan Museum.Ise Jingũ Chōkokan
三重県度会郡大仏山古墳出土
7世紀
高さ13.2cm 口径8.3×10.3cm 胴径11.6×14.9cm
伊勢神宮徴古館農業館
 扁球形の器物の一端を覚で削って口を開けた特殊な器形で、中央両面に径1cm内外の孔を穿っているところから、これに棒を通し、口を上にして液体を注ぐ容器としてつくられたものでしょう。このような器形のものは岐阜県願成寺古墳群や愛知県豊橋市の古墳から出土しており、7世紀代の地方色を示す須恵器の一変種と考えられます。

前に戻る
Facebook
Twitter
Email