色鍋島 色絵 松竹梅橘文 瓶子 001

鶴田 純久
鶴田 純久
色鍋島 色絵 松竹梅橘文 瓶子 001

Vase with pine. bamboo、 plum and mandarin orange design、enamelled ware
高さ30.6cm 口径3.5cm 胴径18.6cm 底径14.5cm
重要文化財
 色絵鍋島の神酒瓶は他に例を見ません。しかも形姿、文様ともにまことに優麗で、色絵鍋島中第一の名作といわれるのも当然のことでしょう。
 わが国における神酒瓶は、古く平安時代以来一つの基本的な形式を伝えていますが、この瓶子は、江戸中期の瓶子としては古格を遵守した珍しい例です。その完成された染付と上絵付の作風から推して、おそらく元禄頃の作と思われます。古い形式の瓶子を模倣して特別に調整されたもので、神酒瓶であるからにはしかるべき神社に奉納されたものか、吉事の調度として藩主の御用品であったかと思われます。
 肩のまるみから底にかけて流れるような曲線を見せる胴は、すっきりと立ち上がった頚部を得て、気品高く優美にまとまっています。
大川内窯独特の緻密な白磁胎に、一方には松竹梅、他方には橘と菊をあらわし、左右には鶴と亀を配しています。染付のだみ塗りと線描き、さらに赤、黄、薄緑、薄紫などの色絵上絵付も明るく華やかに傅彩されています。これほど鮮かに、さまざまな吉祥文様を盛り込んだ作例は稀で、日本の色絵磁器のなかでも完美の名作といえます。

You might also enjoy

彫三島 銘籠花

寸法高さ:7.0~7.5cm 口径:15.5cm 高台径:5.4cm 同高さ:1.3cm 重さ:364g  籠花の銘は、檜垣に菊花の意匠によったものである。外三段と内二段の檜垣は、釘彫りのような太い無造作なタッチで雅味ゆ

柿の蔕 銘龍田

名物付属物内箱 曲溜塗黒漆文字書付伝津田宗及筆所載山澄力蔵氏談 東都茶会記第四輯上 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.9~7.1cm 口径:13.4~13.7cm 高台径:5.8cm 同高さ:1.0cm 重さ:290g

雲井井戸 青井戸

付属物内箱 桐白木 書付 白山宗一筆伝来大阪両替屋炭屋 白山彦五郎―藤田家所載ふきよせ 大正茶道記 大正名器鑑寸法高さ:6.1~6.9cm 口径:14.8~15.2cm 高台径:5.04cm 同高さ:1.2cm 重さ:2