三田村 有純 漆芸展-切り取られた風景-

鶴田 純久
鶴田 純久

三田村 有純 漆芸展-切り取られた風景-

三田村 有純 漆芸展-切り取られた風景-

期間:2004年12月18日(土)~25日(土) 和光ホール
時間:10:30~18:30(最終日は17:00まで)
期間中は全館休まず営業します。

日展評議員、東京芸術大学で指導にあたる漆芸家、三田村有純氏の和光ホールでは2001年に続き4回目となる個展を開催いたします。
「切り取られた風景」をテーマに、独自の重ね研ぎ出し蒔絵の技法により複雑に輝く幻想的な世界を表現します。
造形的な立体作品やレリーフ状に構成された壁面作品を中心に、箱、花器を合わせて70余点を展観です。
九代続いた赤塚派蒔絵を祖母と父から学びはじめて今年で35年、節目の個展を迎えます。
ぜひこの機会にご観覧くださいますようご案内申し上げます。

 

東京銀座和光

 

前に戻る
Facebook
Twitter
Email

記事・情報

柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片
土の話

まず、掲載した画像は鬼子嶽城周辺の古窯跡帆柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片です。この陶片の割れた断面を少し平らに磨き拡大鏡で移した画像です拡大した画像の上部に写るのは斑釉の釉薬で其の下の方は土の部分です。肉眼では見えませんが土の

水の浸透実験

土がどのように焼締まっているか(土の成分のガラス化)を目に見える実験をしてみました。10分程度の動画ですが、10分たっても水玉はなくなりませんでした。土の中に水は浸透せず、土自体がガラス化して焼締まっているということです

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
mail2.png

お問い合わせ

ページに関するお問い合わせ・ご質問・ご意見など、お気軽にお送りください。

鶴田 純久TSURUTA YOSHIHISA
住所:佐賀県西松浦郡有田町泉山1-28-23
電話番号:0955-43-2764
EMAIL:info@turuta.jp