東京 池袋 東武百貨店 鶴田 純久 作陶展1997

鶴田 純久
鶴田 純久

 

○お懸け釜のご案内(午前11時~午後3時30分まで) 23日(木)
表千家 成田宗政先生 24日(金)
裏千家 広瀬宗久先生 25日(土)
石州流不昧派 安原宗英先生 26日(日)
松尾流 八木宗呈先生
●10月23日(木)~29日(水)
●本館6階 美術画廊 ※誠に勝手ながら最終日は午後5時にて終了させていただきます。

現代風の唐津にあき足りず、本格的な桃山茶陶を目指し、 生家を離れ早十余年、 叩き、紐作りの技も長足の進歩を見せておられます。 この度は新作約100点を集めて、2回目の東京展でございます。 皆様お誘い合わせの上ご来廊をお待ち申し上げます。

TOBU 池袋 東武
営業時間:午前10時~午後8時
〒171豊島区西池袋1-1-25
TEL・代表:03-3981-2211
休日のお知らせ:10月15日(水)

 

記事・情報

日本映画「未来へのかたち」

本日、日本映画「未来へのかたち」を見てきました。この映画は愛媛県砥部焼の窯元で家族の葛藤を描く作品になっています。じつは、この物語の主人公の窯元をロケ地として使われている所が、なんと私の出身校「佐賀県立有田工業高校窯業科

牛篦の使い方

牛篦を使い片口香鉢を作る。 400年前に渡来した朝鮮陶工達が持ち込んだ技法で、古唐津から初期伊万里までの製品にはこの牛篦で作られている。 有田地方では牛篦で伸ばす伸べ篦として残っている。唐津では中里家を含めごく一部の人た

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。