ハマ(陶器を焼くときに下に敷く物)作り

鶴田 純久
鶴田 純久

久しぶりにハマを作りました。

ハマとは陶磁器を焼くときに生地の下に敷く物で、私の場合は朝鮮唐津を焼くときの必需品です。

朝鮮唐津を焼くときは貝殻などの上にのせて、宙に浮いた状態で焼くのですが、それでも釉薬が流れつき、跡処理が大変になるのを防いでくれます。

何度でも使い回しが出来ますので、このサイズが無くなったので作りました。

ハマ

焼けた後の状態。

ハマ

ちなみに400年前の飯洞甕窯(はんどうがめかま)で使われていたハマで5~6回は使われていただろう焼け具合で、裏面には作った人の指跡が残っています。
白く輪状は貝殻の焼け跡、この上で徳利でも焼いたのでしょう。

飯洞甕窯のハマ

前に戻る
Facebook
Twitter
Email

記事・情報

柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片
土の話

まず、掲載した画像は鬼子嶽城周辺の古窯跡帆柱窯の斑唐津ぐい呑の陶片です。この陶片の割れた断面を少し平らに磨き拡大鏡で移した画像です拡大した画像の上部に写るのは斑釉の釉薬で其の下の方は土の部分です。肉眼では見えませんが土の

水の浸透実験

土がどのように焼締まっているか(土の成分のガラス化)を目に見える実験をしてみました。10分程度の動画ですが、10分たっても水玉はなくなりませんでした。土の中に水は浸透せず、土自体がガラス化して焼締まっているということです

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com
mail2.png

お問い合わせ

ページに関するお問い合わせ・ご質問・ご意見など、お気軽にお送りください。

鶴田 純久TSURUTA YOSHIHISA
住所:佐賀県西松浦郡有田町泉山1-28-23
電話番号:0955-43-2764
EMAIL:info@turuta.jp